東大院とミニマリスト

東大生とミニマリスト

その1

 

わたしは、女だ。そして、女である以上、男が好きだ。

ただ、うまく愛し方がわからない。あの人はかっこいい、素敵だ、近づきたい。そう思うことはあるが、付き合った先の男女の性行為に思いを馳せると、キモチワルク…というより、脳が拒否反応を示して思考停止してしまう。

だから、はじめはプラトニック信者だと思っていたが、性行為自体に興味がないわけではなかった。むしろ興味があった。誰かの美しい裸の静動画を見ては、興奮していた。ただ、自分を反映し考えると、無性にキモチワルクなってしまうのだ。

だから、男性と付き合えないと思っていた。でも、愛には強い関心があった。

 

一時は、自分を同性愛者かと思っていた。

男性同士の恋愛というのは、とても美しいと思った。叶わない危なげな倒錯愛。いろいろな感情が渦巻き、この世界の創生来の仕組に従う背くで生命を脅かすほど悩み、苦しみ、パラレルワールドに思いを馳せ、そして思い思いに咲き散っていく物語。

自分が男だったらと何度思ったことだろうか。

女性同士の恋愛には一切の興味を抱かなかった。女には穴しかない。これでは性行為ができない。それにやはり自分を投影すると、吐き気がした。

 

だから、一生懸命男を愛そうとした。男が好きなはずだ。私は男が好きだ。

端正な顔の優しく男気がある私を守ってくれる男が好きだ。

熱中した、完璧を探した、興奮した、妄想した。

でも、どこか、空虚な自分がいた。

虚しさを認めない。認めたくない。

異常な通常な自分を欲した。

でも、無理だった。

 

 

 

鏡を見た。写真を撮った。美しい。

この角度じゃない、もっとまつ毛を見せる。きれいな目を見せる。

いとおしい。

いとおしい。

なんども写真を見る。

いとおしくて、狂いそうだ。

画像フォルダーの私の写真を、見つめる、私。

わたしをみる、わたし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わたしは、私を 愛しているのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は、自分が好きなのだ。

満たされる。自分を見て満たされる。

自分しか目に入らない。空虚さは、もはやない。

私の中は、私の目、私のえくぼ、頬、毛の一本一本で充溢している。。

 

 

わたしは、私になら、触れられる。

指を、入れ、熱を、感じる。

 

 

これが、愛だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この現実を受け入れるまで、今日まで、非常に長い年月を送った。

心の滓が流れていく。私は、私が好きなんだ。